気になるニオイ−足のニオイについて・・・足のニオイの原因は? 足のニオイの原因を知って効果的な予防&対策をしよう!
*****************
足のニオイについて
*****************
− 気になるニオイ解消館 −
初めての方へ ご注文方法 プレゼント サイトマップ 情報検索窓 お問い合わせ
 HOME気になるニオイ解消館 足のニオイについて (足のニオイの原因は?)                【 戻る 】

そもそも「足の裏は身体の中でも最も汗をかくところ」です。 長時間靴を履いていると、人前で靴を脱ぐのがこわい!
靴を脱ぐとイヤなニオイが・・・特に足のニオイは気になるもの。 足のニオイの原因を知って、しっかり対策をたてましょう。

気になるニオイを知ろう
  臭いってどうしてできるの?
  気になる臭いのメカニズム
  臭いの基本的な対処法
  こんな臭いには注意しよう
  特にお奨めニオイ解消商品

気になる臭いの種類・対策
  体臭について
   体臭の原因は
   体臭を防ぐには
   体臭の予防・対策グッズ
      予防・対策グッズ 2
  口臭について
   口臭の原因は
   口臭を防ぐには
   口臭の予防・対策グッズ
      予防・対策グッズ 2
  頭のニオイについて
   頭のニオイの原因は
   頭のニオイを防ぐには
   頭のニオイの予防グッズ
      予防・対策グッズ 2
  ワキガについて
   ワキガの原因は
   ワキガを防ぐには
   ワキガの予防・対策グッズ
      予防・対策グッズ 2
   デリケートゾーン用グッズ
      ピュアエチケット
  足のニオイについて
   足のニオイの原因は
   足のニオイを防ぐには
   足のニオイの予防グッズ
      予防・対策グッズ 2
  加齢臭について
   加齢臭の原因は
   加齢臭を防ぐには
   加齢臭の予防グッズ
      予防・対策グッズ 2

あなたの悩みを解消しよう
健康食品・サプリ館
アトピー・敏感肌対策館
気になるニオイ解消館
サンプル・お試し館

「気になるニオイ」 のTOPへ

  足のニオイは気になるもの・・・足のニオイの原因は?
靴をぬぐとイヤな臭いがした事はないですか? 特に暑い夏の時期は足の臭いもひどくなってきたり・・・。そんな時は決まって足の裏に汗をかいているものなんです! 足のニオイの発生原因は、ワキガのニオイの発生原因と似ています。

■ニオイの発生原因
 足のニオイの主な成分は、イソ吉草酸、酢酸、酪酸などです。 足のニオイは、主に微生物
 (カビ・細菌)の繁殖によって発生します。
 靴と靴下に覆われた足の状態は、温度32℃付近、
 相対湿度は80〜90%にもなり、カビの生育に最適な環境になります。さらに、汗をかいた状態
 では多くの水分を含み、細菌にとって繁殖しやすい環境をつくりだしてしまいます。

 靴の中の恵まれた環境のなかで、カビや細菌は、足の汗・皮脂・タンパク質などの汚れ・靴の
 素材などの豊富な栄養をもとに増殖し、足独特のニオイを発生するようになるのです。

  ★チェックPOINT:水虫
    ニオイの他に微生物(カビ・細菌)が増殖することによって被害を及ぼすものが水虫です。
    専門的には、皮膚真菌症の一種で汗庖状白癬といわれ、白癬菌属のカビが足の皮膚に
    侵入・増殖し、皮膚のただれや強いかゆみをもたらします。 同じような状況で発症します
    ので、足のニオイと同時に、水虫の対策もたてたほうがよいかもしれません。


■足はとっても汗かき
 足の裏には、非常に多くの汗腺が集中していて、体の中でも最も発汗するところです。他の部
 位の20倍から50倍もの汗をかきます。特に指先や、親指と小指の外側のふくらんだ部分など
 物と接触する足先の部分で、足の発汗の8割を占めます。 1日約10時間靴を履いていれば、
 両足でコップ1杯分(約200ミリリットル)以上もの汗がでています。

 
では、なぜ足は汗かきなのでしょう。
 人は体温調節のために発汗(温熱性発汗)を行ないますが、 人間の肌は、通常弱酸性を保っ
 て微生物(カビ・細菌)の繁殖が抑えられています。 でも、足の裏の汗は、体表の汗と違って、
 緊張したり興奮したときに出る精神性の汗(精神性発汗)です。ストレスが加わると通常より大量
 に汗をかいてしまうのです。 さらに、その汗をそのまま放置すると汗のpH(ペーハー)は弱アル
 カリ性となってしまい、より微生物(カビ・細菌)の繁殖しやすい状態になってしまいます。
 実際、靴下は汗を吸い取り、発散することによって水分を逃がし、微生物(カビ・細菌)の繁殖を
 抑えるのに役立っているのです。

 また、脂肪分の多い食事をする事により汗腺が活発になり、余計に汗をかく原因となります。

  ★チェックPOINT:汗の成分
    足の裏の汗腺(エクリン腺)から出る汗は透明な水様で、およそ99.5%は水分です。
    そのほか微量にナトリウムイオン、カリウムイオン、塩素イオン、炭水化物誘導体、尿素、
    アンモニア、アミノ酸、脂肪酸、ステロール類、フェノール類、ビタミン類などが含まれてい
    ますが、ニオイのもとになる物質は少ないので、足の汗はほとんど無臭です。
    平均的なpH(ペーハー)は5.7〜6.5で皮膚表面を弱酸性に保つのに役立っています。


■微生物(カビ・細菌)はどこから?
 
普段は意識しませんが、足のニオイの原因となるような微生物(カビ・細菌)は日常生活の中の
 至るところに存在しています。
床やたたみの表面、ほこりや土の中、そして人の皮膚表面にも
 多くの微生物(カビ・細菌)が存在しているのです。

 その中でも足にとってもっとも関わりが深いのは靴内に存在する微生物(カビ・細菌)です。
 日頃から微生物(カビ・細菌)にとって繁殖しやすい環境になっている靴内は、まさに微生物
 (カビ・細菌)の温床となっています。靴などの密閉された状態の足は、微生物(カビ・細菌)が
 繁殖しやすい高温多湿な状態なので、微生物(カビ・細菌)の活動は活発化します。汗自体は
 ほとんどニオイはないのですが、そのままにしておくと、皮膚の表面に住みついている微生物
 (カビ・細菌)が、皮脂や汚れ、汗に含まれる有機物を分解し、悪臭が発生するというわけです。

 冬場に、女性がよくはいているブーツなどは、上記の事によくあてはまります。 ブーツは熱を
 逃がさず密閉された空間を保ち、さらには足の大部分をしめています。暑い夏場でなくとも臭い
 が発生してしまうのは否めないのかもしれません。

 靴下はこのような靴内の微生物(カビ・細菌)に直接触れないように足を保護し、衛生的な状態に
 するために役に立っているのです。

  ★チェックPOINT:皮膚常在菌
    人間の皮膚には皮膚常在菌とよばれる微生物が数多く存在しています。 常在菌の数は
    健康な人で1平方センチメートル当りおよそ10万〜100万個、主な微生物は非病原性
    細菌(コリネバクテリウムとブドウ球菌など)で、有害な細菌が増殖するのを防ぐバリアの
    働きをしている
ことが知られています。


 それでは、ワキガを防ぐにはどうしたらいいか?足のニオイの対策についてみていきましょう。
    >> 足のニオイを防ぐには

 足のニオイを防ぐための、予防・対策グッズにはどんなものがあるか、おすすめはこちらから
    >> 足のニオイの予防・対策グッズ


  >> 自分では気づかない体臭に ⇒ 体臭の予防・対策はこちら
  >> まわりからクサイと言われないために ⇒ 口臭の予防・対策はこちら
  >> 意外と見られている頭(髪) ⇒ 頭のニオイの予防・対策はこちら
  >> けっこう気になるワキの臭い ⇒ ワキガの予防・対策はこちら
  >> 特に気になるデリケートゾーン ⇒ デリケートゾーン(スソワキガ)の予防・対策はこちら
  >> 自分でもわかる足の臭い ⇒ 足のニオイの予防・対策はこちら
  >> 年齢を重ねると気になってくる加齢臭 ⇒ 加齢臭の予防・対策はこちら




[ 紫外線対策 ] [ ムダ毛対策 ] [ 梅雨&湿気対策 ] [ 乾燥肌対策 ] [ 便秘対策 ] [ ダイエット ] [ バストアップ ] [ フレグランス ] [ 検索窓 ]

特定商取引に関する法律に基づく表記について

Copyright (C) 2004-2005 わくうきネットショッピング All rights reserved.